兄弟2人が中学受験をしました。地域の中学校は評判が良くなかったためか、本人が中学受験をすると言い出した割に、あまりやる気が見えず、高い学費を払って塾に通わせたものの、イマイチ効果が見えませんでした。5年生から行き始めたものの、友達がいるとだらけてしまうようで、本人はあまり危機感がなく、親の私は6年生の模試結果を見て、慌てて家庭教師も頼んで、二本立てで勉強させることにしました。結果、うちの子にはこれが、あっていたようで6年生の夏から成績が伸び、志望校に合格出来ました。
上の子の場合、塾でアウトラインをおしえてもらいわからなかったところや、塾のテストで間違ったところを家庭教師の先生と復習する、という形で使い分けていました。塾は費用が安いですが、先生から生徒一人一人へのフォローが足りない場合があります。負けず嫌いで、自分から質問しにいくタイプの下の子には塾で他の子っ切磋琢磨するのがあっていたようですが、マイペースな上の子には誰かが細くフォローする必要があり、親では手に負えない部分を家庭教師の先生に補ってもらいました。ただ、家庭教師だけにすると費用もかさみますし、本人も友だちに会えず、煮詰まってしまうとのことで、併用があっていたようです。中学受験に関してはいろいろな情報がありますが、ながされず、その子にあったやり方を選ぶ親の手腕にかかっていると思います。

Comments closed.