私は子供を小学六年生から中学受験までの一年間塾に通わせていました。私自身「塾」というイメージを曖昧に掴んでいたのですが、子供が早いうちから長い期間中学受験を意識しすぎると疲れてしまうことを考え小学六年生からという一年間、入れることにしました。集団授業の方が周りの子と一緒なのでやる気を出せるかな、と思いそちらに入塾させました。実際、中学受験を意識したコースを選択したためか子供は以前よりも勉強に真剣に取り組むようになり、学力も上がり嬉しそうでした。塾の期間も、一年間だったため集中して受験勉強に取り組めたようです。また、私は集団授業を選択しましたが苦手科目を克服する、重点的に取り組むという点では個別指導も捨て難く悩みました。この選択においては各々の家庭のお子さんの性格や学力にあった方を選択するべきだと思います。
重要なのは「集中力」です。中学受験を意識しすぎて早いうちから塾に行かせて子供のやる気が削がれてしまったら元も子もありません。一年間に限定するわけではありませんが、子供が勉強が楽しいと思えるようにしてやるためにどれくらいの時間通わせるかを考えることが必要です。子供がやりたいと思えるような、そんな選択をすることが大切です。

Comments closed.