娘は2016年に明の星中学合格を目指して社会の勉強をするために塾に通っていました。最初は私立校を目指している人に人気だった、有名塾に通わせていました。最初は成績も良かったんですが、だんだん伸びが悪くなってきて、娘自身も少し中学受験に対し算数力の低下が出てくるようになってきました。

頑張ってるのに結果が出ないというのは、大人でも辛い事なので、子供なら尚更だと思います。これをどうにかするために私がやったのは、塾を変えるという事でした。それまで通っていた塾は、1クラスに複数人いるタイプの所だったのですが、中学受験にむけて新しい所はマンツーマンで教えてくれる所にしました。

塾はとても必要な物

ここに変えてから、娘の調子もすごく良くなってきました。後々娘に聞いてみると、どうやら娘にはマンツーマンレッスンの方があっていたようです。娘は消極的な方なので、分からない所があった場合、大勢の中だと質問したりしづらかったようです。

中学受験には塾や講師はとても必要な物だと感じましたが、どこに通わせるかというのがそれ以上に重要だと思います。そして親である私達が、子供に合った所を選んであげる事で、子供も受験に集中して望むことが出来ると感じました。どんなタイプが合うのかは、子供によって変わってくるので、みなさんも子どもとしっかりと話し、最適な所を選んであげて欲しいです。

Comments closed.